税金の控除は誰が利用するかで節税額がかわります。

共働きの場合は収入が高い人が支払った方が節税額が高くなるため、積極的に生かすのがおすすめです。

年収が少ない人の場合は収入よりも控除額が大きく無駄になっている可能性もありえます。

闇雲に控除を申請するのではなく誰がどれくらい使うかが重要

税金の控除に仕える仕組みは増えていて、誰でも気軽に節税ができるようになっています。

保険の控除やふるさと納税などで節税をしている人も多いのではないでしょうか。

ただし、控除の金額には上限があり、収入などの条件によって認められる控除額がかわります。

大切なのは年収が100万円程度であればほとんど収入に課税が行われないことです。これは誰でも受けられる基礎控除や給与所得控除の合計だけで年103万円程度が非課税になるためです。

控除が多すぎても無駄になってしまうため、支払い名義などを確認して家庭全体で節税を目指すことが重要になってきます。

無駄になりそうな控除は支払いを家族名義に切り替えて家族の税申告に使うなど工夫ができるのです。

保険の控除は生計を一緒にしている家族であれば調整がしやすい

専業主婦や兼業主婦などで収入が限られている場合はほとんど税控除を増やす必要がなくなります。

ポイントになるのが、必要な支払いは夫に集中してもらった方が良いということです。

たとえば生命保険や個人年金、学資保険などに加入している場合は夫に控除を利用してもらった方が節税効果が見込めます。

保険の控除は生計を共にしている人の支払いを合算することもできるため、収入が多い人に利用してもらうのが基本になりです。

給与所得者であれば年末調整で申告すれば控除を簡単に受けられるようになっています。

また、保険の控除も一般生命保険料控除、介護医療保険料控除、個人年金保険料控除の3種類があり、控除額にも上限が決められています。

支払えば支払うほど控除額が増えるわけではないため、保険などを見直して貯蓄に回してしまうのも一つの選択肢になります。

ふるさと納税は所得によって控除の上限がかわる

手軽な節税手段として人気になっているのがふるさと納税です。

返礼品を受け取れるのも人気のポイントで、給与所得者が簡単に税申告を済ませるための仕組みも整っています。

しっかりと理解しておきたいのが、ふるさと納税は寄付に該当し、寄付で受けられる控除には上限が設けられていることです。

お金を使えば使うほど税金が少なくなるわけではないのです。上限額は所得によって変化するため、控除を上限まで使う気であれば綿密な計算が必要になります。

多くのふるさと納税サイトでは計算のためシミュレーターを利用できるため、一度確認してみるのがおすすめです。

また、複数の自治体にふるさと納税を行うことも可能ですが、余りに数が多い場合は自分で確定申告をしなければならなくなります。

あくまで節度を持って使える範囲として仕組みが作られているのです。

具体的に節税について教えてくれる人がいないのは何故?

保険の控除やふるさと納税など節税に仕える仕組みは多くあります。

しかし、具体的に節税について押してくれる人がいないのを不思議に思う人もいるのではないでしょうか。

これは節税について詳しく他人に教えることが法律違反になってしまうケースがあるためです。

節税のための知識の専門家は税理士になります。
税理士などの士行を資格がないものが代行した場合などは法律で罰せられる可能性があるのです。

これは弁護士や税理士を名乗って詐欺を働く人を防ぐためでもあります。

具体的な税金の節約方法や控除方法を知りたい場合は、自分で調べるか税理士にチェックしてもらうのが基本になります。

税理士への依頼は基本有料ですが、確定申告の時期になると無料で申告の仕方やコツを教えてもらえる場合があります。

積極的に勉強するか、依頼料金を支払わって教えてもらわないと節税だと思ってしたことが無駄になるケースがあるのがポイントです。

勉強しても間違った手続きをしてしまうと生かしきれないことがあるため、税理士を頼る人がいるのです。

税務署にチェックしてもらう方法などもありますが、フィナンシャルプランナーや保険の担当者では限界があることにも理解が必要です。

まとめ

税控除にまつわる情報は複雑で、しっかりと勉強しないと控除が無題になる可能性が高くなります。

控除が悪用されないような仕組みがセットになっているため、どうしても制度が複雑になってしまうのです。

共働きの場合は収入が多い人に控除を集中的に使ってもらい、控除枠が余るようであれば支払い名義などの調整で融通するのが得策になります。

利用する控除にもそれぞれ上限があるため、収入アップや減少にあわせて調整していくいしきも大切になるのです。

税制度は変更が加わることも多いため、毎年チェックする意識も重要になります。

カテゴリー: コラム